Uncategorized

くすみを化粧品で隠したいならコントロールカラーを使ってカバー

投稿日:7月 21, 2016 更新日:

f:id:body-beauty:20160721113755j:plain

加齢にともないシミやシワが多くなります。また、それだけではなく、顔がくすんで顔色が悪く見えることもあり、多くの女性は悩んでいると思います。加齢が進むと若い頃のお肌になるのは難しいのでどうしても化粧で隠す事しか出来ません。では、くすみについて紹介します。

くすみとは?

くすみとは簡単に言うと、顔全体に透明感や肌の明るさがなくなる状態の事を言います。肌のくすむ原因は血行が悪くなる、乾燥している、メラニン色素、黄色っぽくなるくすみの4つと言われています。その原因によっても対処法は違いまが、全体的に顔色が良くないので、お化粧でカバーした方が良いでしょう。

ファンデーションをたくさん塗ってもくすみは消えない

ファンデーションは上に肌色を塗るだけなのでそれだけではくすみを完璧に消すのは不可能です。また、血行不良が原因の場合は特に、顔に赤みがなく青色になっていまうので、色をぬっても顔色が良くなるという事はありません。

厚化粧に見えてしまうだけ

それどころか顔のくすみが消えないからといってどんどん厚化粧をしてしまい、化粧自体が不自然になってしまいます。ですので、くすみを消すのにファンデーションの厚塗りはやめましょう。

くすみにはコントロールカラーが重要

f:id:body-beauty:20160721113802j:plain

実は、顔のくすみにはファンデーションの厚塗りではなく、コントロールカラーを使うことが良いと言われています。コントロールカラーを使う事でくすみがなくなり、ファンデを厚塗りする必要もなくなります(^.^)

コントロールカラーって?

コントロールカラーとは肌の色補正を行うための下地でファンデの下に塗ります。コントロールカラーはくすみ対策だけでなくクマやシミ、そばかす、赤みを消したり、血色良く見せたりなど幅広い肌の悩みに対応する事が出来ます。また、イエロー、ピンク、オレンジ、パープル、ブルー、グリーンなどの色がありますが、くすみに効果的な色は主に暖色系の暖かみのある色です。

くすみにオススメのコントロールカラーの化粧品

f:id:body-beauty:20160721113811j:plain

コントロールカラーといっても色々な種類があるのですが、プチプラのものを紹介します。最初はお試し程度で買えるように口コミが良くお値段も100円前後で買えるものを紹介しますね(*゚▽゚)ノ

インテグレートのミネラルベース

イングレードのミネラルベースはパラペリンフリーで無香科なので肌に優しいのが特徴です。また、メディアのメイクアップベースもお値段も安くオススメです。肌の赤みをカバーして明るく透明感のある肌に整える化粧下地です。

オルビスのクレアアクネベース

オルビスのクレアアクネベースは肌の凹凸をフラットにするので乾燥肌にも効果があります。もちろん無添加なのでお肌にも良いです。

ヴィセのリシェTゾーン、マットキープ

ヴィセのリシェTゾーン、マットキープもは新しく出たばかりですがテカリを防ぐ事ができて、つるんとした肌に仕上げる事が出来ます。皮脂をしっかりと吸収してくれるのでテカリ肌にも効果的なのが特徴です。

日焼け止めとしても使える

f:id:body-beauty:20160721113819j:plain

このように、肌のくすみが気になったらコントロールカラーを使ってカバーする事が大切です。コントロールカラーは日焼け防止の作用もあるので化粧下地として塗る事で日焼け止めも不要ですよね(^.^)

年齢によって化粧品を使い分ける

また、値段も安いものから高級なものまであるので、自分の好きなものを選ぶと良いです。加齢に伴いファンデーションだけでは隠し切れない悩みが増えていきます。だからといってファンデーションを厚塗りすると厚化粧になり、余計に化粧が浮いてしまうのでオススメしません。肌の悩みはコントロールカラーで隠す事が出来るので是非、使ってください。

薄づきでもしっかりカバー

コントロールカラーがあればある程度隠す事が出来るのでファンデの厚塗りは必要ありません。ナチュラルメイクでお肌を綺麗に若く見せるようにする事をオススメします。主婦でお金がかけられないという人は、プチプラでも優秀なものがあるので、自分で気に入ったものを調べてみると良いです。

-Uncategorized

Copyright© ロスミンローヤルの口コミは?シミや小じわが消えると話題に , 2017 AllRights Reserved.