Uncategorized

日焼け止めのSPFやPAって何?どれが良いの?おすすめの日焼け止め

投稿日:7月 11, 2016 更新日:

f:id:body-beauty:20160711115027j:plain

皆さんは日焼け止めのSPFやPAの正しい意味を知っていますか?何となく効果が強そうだからと高い数字のものを選んでしまいがちですがSPFやPAの正しい意味を知って用途で使い分ける方が肌への負担は少ないのです(ノд-。)

とく知らずに使っている日焼け止め

日焼け止めを選び際に、よく見かけるのが「SPF」というものです。こちらのSPFですがよくその意味などを知らずにとりあえず「数値が高いから効果がありそう」ということで選んでいる方も多いのではないでしょうか。そこでこちらのSPFの意味についてご紹介します。

SPFって何?

まずSPFとは、サンプロテクションファクターを省略したもので主に紫外線の中でもB波と呼ばれる紫外線を防止する効果を表す数値となります。こちらのSPFは数字が大きいほど効果は高くなります。

日焼けするまでの時間を遅らせる

f:id:body-beauty:20160711113632p:plain

しかし、こちらの数字の意味ですがSPF30の場合「日焼けするのを30倍ほど遅らせることができる」というわけです。日焼けをしてしまうのに人は個人差はありますが約20分程といわれていますので、SPFが高いからといって日焼けをしない!というわけではありません。なので単純に計算すると20分で日焼けしてしまう所をSPF30の日焼け止めを塗る事で30倍時間が伸びるので日焼けするまでの時間を10時間に出来るのです。

外にいる時間で決める

紫外線を必ず防ぐというわけではなく「効果を和らげる」という意味なのです。SPFとはつまり、防御力の強さをさします。なのでどれだけの時間外にいるのか、ということなどを考えてSPFを選ぶことが大切です。長く外にいる時や山登りなどいつもより紫外線に当たる場合はSPFが高い方がオススメです。

必ず塗り直しは必要

たとえば、ちょっとしたお出かけならば、30SPFのもの、そして一日中レジャーで遊ぶ場合は、50SPF以上のものを選びましょう。また時間がたつと効果が減ってしまいますので必ず塗りなおすようにしましょう。塗り直しの時間としては2時間に一度塗り直すのが効果的です(*゚▽゚)ノ

数字が高い程、肌への負担がある

f:id:body-beauty:20160711115050j:plain

だったら数字が高いもので長く日焼けを防ごう!と思ってしまいますよね。ですが数字が大きいほど肌への負担も大きくなってきてしまいますのでちょっとしたお買い物などにはSPFの低いものを使用して肌への負担をなるべく減らした方が良いそうです♪

日焼け止めのPAとは

日焼け止めの中には、PAという表示もあります。こちらのPAですが、これはプロテクショングレイドオブUVAの略であり、主に紫外線のA波の防止効果を表す数値となっています。

PAの+の意味は?

こちらのPAでは主に+の多さがこの紫外線A波に際する効果の高さを表します。こちらのPAには、++++、+++、++、+などの4段階の効果の高さがあり、プラスが多いほど効果が高くなっています。

寒い時期でも日焼け止めは必須

f:id:body-beauty:20160711115039j:plain

気を付けたいのが、紫外線A波は冬などでも降り注いでいるものであるということです。このため、しっかりと冬にも日焼け対策はすることが大切です。

オススメの日焼け止めは?

おすすめの日焼け止めにはどのようなものがあるのでしょうか。まず日焼け止めといっても、たくさんのメーカーから販売されています。しかし、最近では日焼け止め効果だけではなく保湿効果などもある美容成分が入った日焼け止めも人気です。

肌への負担も考えて選ぶ

こういった美容成分が配合された日焼け止めは、日焼け対策などをするだけではなく、それと同時に保湿をすることができますので肌へのダメージが気になっているという方にはとてもおすすめです。日焼けを防いで肌のケアも同時に出来てしまいますヽ(*^^*)ノ

用途でSPFを使い分ける

また日焼け止めはSPFなどの強さが異なりますのでちょっとしたお出かけの時に塗る用、またスポーツの時に塗る用など、なるべく使い分けて使用することがおすすめです。肌への負担を減らす為にも使い分けを心がけましょう(*´∇`*)

日焼けしてしまった場合の対処法

f:id:body-beauty:20160711115059j:plain

日焼けをしてしまった!という場合にはどのように対処をすればいいのでしょうか。まず日焼けした肌は、やけどのような状態になっていると考えられます。このため広範囲で日焼けをしてしまい、肌が傷むという場合にはすぐにクールダウンさせるよう、冷やしておくとよいでしょう。

保湿を念入りに

また日焼けした肌はダメージが大きく荒れやすくなっていますし、お肌トラブルのもととなります。このためお肌全体の保湿などをしっかりとして肌を保護するように心がけましょう。

美白ケアアイテムを使う

また入浴の際には日焼けした肌などをごしごしとこすったりしないように心がけてください。こすりすぎてしまうと痕になってしまったりすることがあります。日焼けした肌をなるべく元通りにしたい!というのであれば完全に元通りにするのは難しいですが顔などには、美白化粧水などを使うようにしてケアをするようにすると効果的です。

2016年オススメの日焼け止め

f:id:body-beauty:20160711154137p:plain

ビオレ さらさらUV アクアリッチ ウォータリーエッセンス

洗顔で有名なビオレですが2016年は日焼け止めも人気があるそうですヽ(=´▽`=)ノビオレの日焼け止めは塗ったあとにベタベタせずにサラっとした仕上がりになるので髪の毛が張り付いたりする不快感がないのです(*^-^)塗った後に白残りしないので化粧下地としてもオススメです♪ミルク系のテクスチャーです♪

アネッサ パーフェクトUV アクアブースター
やはり日焼け止めと言えばアネッサですよね(*´∇`*)毎年、激売れのアネッサですがパーフェクトUV アクアブースターは汗や水に触れると紫外線をブロックする力が強くなるという作りになっていてパワーアップしているのです(゚ロ゚屮)屮なので絶対、焼けたくない!という女子にとってもオススメです♪

ソフィーナ 薬用美白UVプロテクター
ソフィーナの日焼け止めは美白も保湿も一緒に出来ちゃうんですw(゚o゚)wなので強力な紫外線もしっかりカットしてメラニンの生成を抑え、肌の乾燥も防いでくれる一年中使える日焼け止めです♪ソフィーナのUVプロテクターは美白ケアも出来るので30~40代の女性とても人気があります(ノ´▽`)ノ

-Uncategorized

Copyright© ロスミンローヤルの口コミは?シミや小じわが消えると話題に , 2017 AllRights Reserved.