Uncategorized

≪写真≫シミを消す・シミに効く成分とは?そばかすもどんどん薄くなる

投稿日:6月 13, 2016 更新日:

今なら1,900円で購入できます!!
↓  ↓  ↓  ↓  ↓
ロスミンローヤル

 

シミやそばかすって一体どうやったら消えるの?病院に行かないと消せないの?とシミの事で悩んでいる女性はとても多いです(ノω・、) そんなシミに悩める女性達に朗報です!「シミはスキンケアで消す事が出来ます!!」

シミやそばかすに効く成分とは?

日焼けして一度できると厄介なシミやそばかす。ファンデーションで隠しても、やっぱり気になりますよね?もう消えないのかなと諦めないで!正しくケアすれば薄くなるのです!肌本来の色を取り戻すには?調べてみました!

シミやシワにはロスミンローヤルがオススメ

ロスミンローヤルは唯一、シミとシワ両方への効果が認められた医薬品です。スキンケアでのポイントケアに加えてロスミンローヤルを服用する事で更に高い効果が期待できるので徹底してシミを消したい人にはオススメです_(・・)/

ひどかった私のそばかすたちも今ではこんなに綺麗なんです❤

f:id:body-beauty:20160706114933j:plain

初回75%オフだからお試しも出来ます(≧∇≦)b

シミやそばかすの原因

シミ、そばかすができてしまうメカニズムには「メラニン」が大きく関係しています。メラニンはアミノ酸の一種であるチロシンと、酵素のチロシナーゼが合成されできる色素です。チロシンとチロシナーゼが合成されるきっかけは、主として紫外線にあります。

 

紫外線に当たると分泌する

肌細胞は紫外線を過度に浴びた際、皮膚の中にあるメラノサイトという色素を作る部位に、このメラニンを作るよう指示を出します。そうすることで一番下の基底層(母細胞)に紫外線が届かないようにするのです。肌細胞は大事な基底層を紫外線から守るためにメラニンを生産していたのですね。

 

チロシナーゼの活動を抑える

このチロシンとチロシナーゼが合成を繰り返すことで酸化が進み、黒くなっていきます。これがシミやそばかすになります。美白効果のある成分というのはこの一連の働きに「待った」をかけるものです。チロシナーゼの活動を抑え、メラニンを作らないようにする働きもあるのです(>▽<)b

 

美白効果が認められた成分とは?

 

以下は厚生労働省が認可した美白成分でもあり、効果があるとされているものです。

・ビタミンC誘導体
・アルブチン
・コウジ酸
・エラグ酸
・ルシノール
・リノール酸
・4MSK(4-メトキシサリチル酸カリウム塩)
・マグノリグナン
・プラセンタエキス

 

即効性があるのはハイドロキノン

また、認可外ですが美白効果が高いとされるハイドロキノンといって「肌の漂白剤」とも言われ非常に高い美白効果を持った成分も存在します。ハイドロキノンは成分自体が強い為、使用にも注意が必要です(・ω・)b

ハイドロキノンについて書いたページはコチラ↓
ハイドロキノン4%配合のユークロマがシミ・そばかすに抜群な効果を発揮

メラノサイトの働きを止める

メラニンを生産するメラノサイトに情報を伝達する物質の働きを阻害する成分。

・カモミラET
・トラネキサム酸
・t-AMCHA(t-シクロアミノ酸)

更にビタミンC誘導体にはメラニン還元作用というできてしまったシミを薄くする働きもあります。またビタミンC誘導体にはターンオーバーを促す働きも期待できるので肌の入れ替わりを助けてくれます(^∇^)

美白成分の働きとは?

 

 ・ビタミンC誘導体

美白効果のあるビタミンCを誘導体にすることで安定化させた成分。体内でビタミンCに変化し、メラニンの生成を阻害しますが、それ以外にもシミを薄くしたり、肌にハリを与えるなど優れた美容効果を持っています。

・アルブチン
コケモモ、梨などから取れる成分で、チロシナーゼに直接働きかけてメラニンの生成を抑える他、体内に吸収されるとハイドロキノンに変化し、メラニンを薄くする働きがあります。

・コウジ酸
チロシナーゼが活性化するのを抑えます。味噌や醤油などのコウジ菌を扱う醸造所で作業する人の手がきれいであることから発見されたのは有名ですね。

・エラグ酸
ベリー系の植物に含まれる抗酸化物質で、チロシナーゼの働きを抑制します。高い美白効果があるとされ、更に安全性も高いそうです。

・ルシノール
ポーラ化粧品が商標を持つ成分で、チロシナーゼの生成を抑える効果があります。

・リノール酸
植物油から抽出される不飽和脂肪酸の一種で、チロシナーゼを分解し、余分なメラニンを作らないようにします。

・4MSK(4-メトキシサリチル酸カリウム塩)
サリチル酸の誘導体。肌のターンオーバーを正常にします。

・マグノリグナン
チロシナーゼのタンパク質の成長を阻害し、メラニンの生成を防ぎます。

・プラセンタエキス
馬や豚の胎盤から抽出された成分。チロシナーゼの働きを抑える他、代謝を促進する働きもあります。

・カモミラET
花王が開発した成分で、カモミールから抽出されるもの。メラニンの生成を促す情報伝達物質エンドセリンを抑えることでメラノサイトの活性化をブロックします。

・トラネキサム酸
止血剤に使われる成分でもあり、抗炎症作用があることから、ニキビケアにも使われます。チロシナーゼの生成を抑え、色素が作られるのを防ぎます。

・t-AMCHA(t-シクロアミノ酸)
メラニンの生成を指示するプロスタグランジンという物質を抑制し、シミができるのをブロックする新しい成分。

美白化粧水や乳液は効果あるの?

 

美白をうたった化粧水などは無数に存在します。大切なのは成分の配合量と処方で、美白成分が少ないものを選ぶと当然、効果は上がりにくいです。また、紫外線は年中浴びるものなので、効果を出すには一年を通して使い続けないといけません。無理なく使える美白化粧水、乳液を選ぶ事が大切です(*゚ー゚)美白化粧品の選び方やポイント

美白ケアは事前の予防が大切です。そのため、化粧品は1一年を通して使えるものが適しています。1つ選べと言われれば、美容成分が濃縮され、かつ毎日手軽に使えるという点で美容液がお勧めです。

シミの種類でスキンケアを変える

購入する際は自分の肌の症状にあった美容液を選ぶことが大事です。たとえば、今すぐ日焼けした肌をケアしたいなら、これ以上のメラニンを生成しないようにする(予防)と、できてしまったメラニンを改善する、ビタミンC誘導体が高濃度で処方された美容液を選ぶなど、目的に合う化粧品を試して下さい。

レーザーが治療が必要なシミもある

 

また、注意したいのが元の肌色より白くしたい、濃いシミを消したい、イボのような盛り上がったシミを消したいという場合。美白化粧品はあくまで紫外線由来のシミにしか効果はありません。そして濃いシミやイボのようなシミは皮膚科でのレーザー治療が効果的です。こちらはカウンセリングを受けて相談しましょう。

 

海外からの購入は注意が必要

海外で化粧品を個人輸入する方もいらっしゃると思いますが、海外の美容液は濃度が濃い場合もあるので注意しましょう。もし、肌が赤くなったりかぶれたりしたらすぐに医師に相談して下さい。

\3ヵ月でそばかすが消える!初回75%OFF!/
ロスミンローヤル

-Uncategorized

Copyright© ロスミンローヤルの口コミは?シミや小じわが消えると話題に , 2017 AllRights Reserved.