Uncategorized

そばかすやシミを隠すメイク方法!化粧品選びやメイクでシミを消す

投稿日:6月 13, 2016 更新日:

 

 シミやそばかすを目立たなくさせるメイク方法

コンシーラーでシミやそばかすを目立たなくするには、基本メイクの正しい順番はきちんと理解しておく事が必要です。 基本的にコンシーラーは、化粧下地を塗ってリキッドファンデーションで肌のキメを整えてから使用するタイミングが正解になり、最後にフェイスパウダーで仕上げるのがルールです。もしパウダーファンデーションを利用してる場合は、下地の次にコンシーラーを塗って最後にファンデで仕上げる形になります。くれぐれも順番を混同しないように気を付けないといけません。

順番を間違うと、化粧崩れの原因になってしまします。

 

コンシーラーは必須!

そして、基本のシミそばかす隠しのメイクテクニックですが、コンシーラーは先に必ずパフかブラシに適量を取ってから、付ける量をコントロールする事が大事です。コンシーラーを付ける時は、シミやそばかすがある範囲より気持ち大きめに丸く塗り、時間を置く事なく指の先で内側に向かって叩き込むように馴染ませるのが鉄則になります。この時、周囲の皮膚と一体になるように境界線が目立たなくなるまで塗り込む事を意識しましょう。

 

シミやそばかすを消したいなら断然、液体コンシーラー

 

シミやそばかすは茶色や黒などの濃い色素を帯び、ひときわ目立ちやすいので、綺麗に跡をカバーできるコンシーラーは是非1つは持っておきたいコスメグッズです。 従来のコンシーラーは、リップや鉛筆の形をした固形の種類が主流でしたが、最近は自然な艶や潤いも出せる液体タイプのほうが初心者でも利用しやすくお勧めです。 液体コンシーラーは、シミやそばかすの大きさによって量を自由に調整しやすいですし、範囲の広いシミにも違和感なく馴染みやすい利点もあります。

 

液体コンシーラーのメリット

液体コンシーラーは、カラーのバリエーションが多くファンデーションのように自分の肌に近い色味を選べるようになってるので、よりナチュラルにシミやそばかすが隠せ、後に載せて仕上げるパウダーやおしろいも白浮きしにくいです。シミそばかすを上手に液体コンシーラーでカバーするには色味の選択は大変重要なポイントで、周囲の皮膚の色とのバランスも考え、ワントーン暗いカラーを選択すると、すんなりと消し込みやすいです。

 

シミやそばかすを消すにはベースメイクが重要

シミやそばかすを綺麗に消すには、ファンデーションやコンシーラーを用いて正しい順序を持ってベースメイクする事は必要不可欠です。 又、他に使う化粧下地やコントロールカラーも自分の肌質や顔色に合う物を適切に選ぶ必要があります。ここで少しでも自身の肌質に合わないコスメを選んでしまうと、肌がテカテカになって化粧崩れが起こったり、顔色が不自然に浮いたりして、シミやそばかすも上手く隠す事ができなくなります。

 

悩みによってメイク方法は異なる

例えばベースメークで顔色をより綺麗に見せたいなら、黄色や紫などのコントロールカラーで華やかな印象を付けるのもいいですし、顔のくすみが気になる場合はブルー系を利用するのもお勧めです。 又、全体的に毛穴が目立って上手くメイクが乗らない場合は、コンシーラーを塗った後に、美容液成分が入った粒子の細かいパウダーファンデで仕上げると、シミやそばかすも確実に綺麗にカバーできます。

 

シミやそばかすは普段のスキンケアでも改善できる

 

色素沈着がない透明感ある白い肌は、女性の多くが憧れる理想形ですが、毎日正しい知識を持って美白ケアをしていれば、いつか実現させる事は不可能ではありません。 既に出来てしまったシミやそばかすを効果的に改善させるには、先ず余計なメラニン生成を肌に促さない事に尽きます。 実は人間が浴びる太陽の紫外線にはメラニン色素を無条件で繁殖させる作用がありますから、夏だけでなく、1年中日焼け止めでスキンケアしたり、帽子や日傘などでUV対策する事を忘れてはいけません。

若い女性のシミやそばかす

そして若い女性のシミやそばかすは、不規則な生活習慣の乱れで発生する、肌のターンオーバーの遅れが原因であるケースも多いです。ターンオーバーを順調に促すには、毎日決まった時間に就寝早起きする習慣を付けると共に、美白効果と血行促進作用のあるビタミン野菜やミネラル食材なども多く摂り、身体の中からシミやそばかすの元になる活性酸素を追い払う事も大切になります。

-Uncategorized

Copyright© ロスミンローヤルの口コミは?シミや小じわが消えると話題に , 2017 AllRights Reserved.