Uncategorized

シミやそばかすが出来る原因!シミとそばかすの違いってなに?

投稿日:6月 13, 2016 更新日:

 

シミやそばかすが出来る原因知ってますか?原因を理解してシミやそばかすを撃退しましょう(*^-^*)シミとそばかすの違いについても調べてみました。自分の肌質を知って自分に合ったスキンケアを♡

 

シミやそばかすが出来る原因は?

肌は紫外線を受けると細胞組織を守るため、メラニン色素を作り出します。作られたメラニンは、肌のターンオーバによって古い角質とともに剥がれ落ちます。しかし受ける紫外線が強すぎたり、浴びる時間が長かったりするとメラニンが過剰に作り出され、排出され切れずに肌に残ってしまいます。これがシミです。

 

偏った食生活でも出来てしまう

また紫外線だけでなく、ストレスや加齢、睡眠不足、喫煙、偏った食生活などもターンオーバーを乱れさせることになり、メラニンが排出されません。ニキビ跡の炎症もシミの原因となります。

 

そばかすは遺伝性が多い

 

出典:http://weheartit.com/dashboard

シミが後天的な原因でできるのに比べ、そばかすは遺伝性のものが多いようです。遺伝性のそばかすは子ども時代にできて思春期に増え、大人になるにつれて薄くなったり消えたりする場合もあります。父母や祖父母にそばかすのある人がいると、そばかすができやすい体質を受け継ぎます。そうした、そばかすができやすい人が紫外線を浴びたりすると後天的にできてしまうこともあります。

 

洗顔方法や化粧品も重要

紫外線のほか、肌に良くない洗顔方法や化粧品、ストレスやビタミンやミネラル不足が原因で、肌に活性酸素が発生し、刺激を受けたメラノサイトがメラニン色素を作り出すのです。

 

シミとそばかすの違いってなに?

シミとそばかすは成り立ちに違いがあるほか、そばかすはシミに比べて小さく、鼻の周りや頬に散らばったように出るという特徴があります。そばかすは紫外線を浴びると濃くなる性質があり、シミの原因の一つも紫外線ですので、どちらも紫外線対策が欠かせないことは同じです。

 

シミやそばかすは消す事が出来ないの?

 

遺伝性のそばかすは完全に消すのは難しいと言われていますが、大人になれば自然と薄くなることも多いようです。紫外線を受けると濃くなる性質がありますので、シミと同じく紫外線対策をすることが大事です。シミを消すには色素沈着に効果のある成分を配合した化粧品を使うことが効果的です。

 

シミに効く成分とは!

シミに効く成分としてはハイドロキノンとトレチノインがあります。ハイドロキノンはメラニンの生成を抑制し、メラニン色素を作り出すメラノサイトそのものを減少させる働きがあります。トレチノインは皮膚のターンオーバーを早めてメラニンを排出する働きがあります。シミだけでなく、しわやニキビにも効果があります。ハイドロキノンとトレチノインをセットで使うことによって、高い効果が見込めます。

 

刺激が強いので扱いには注意

ただし効果が高い一方で刺激が強く、ぴりぴりとした刺激感を覚えたり赤みが引かなかったりする場合もあります。敏感肌の人は皮膚科で処方してもらうなどのほうが安心かもしれません。

 

ビタミンCをこまめに摂取

シミに効く成分としてはビタミンC誘導体があります。壊れやすくて化粧品に配合できなかったビタミンCを人工的に改良したもので、皮膚に浸透してからビタミンCに変わる性質があります。メラニンを還元して色素沈着を防ぐほか、コラーゲンに働きかけてしわやたるみに効果があります。また、皮脂分泌をコントロールして肌をなめらかにするのでニキビ予防にも効果的です。

 

色んなシミの種類

ひと口にシミと言っても、種類はいくつかあります。

・老人性色素斑は主に紫外線によってできるシミです。頬骨の高い位置やこめかみにでき、色も濃いものから薄いものまであります。
・肝斑は女性ホルモンの乱れによっておこります。頬骨や額などに左右対称に現れます。30~40代の女性に多くみられます。
・そばかすは遺伝によって起こり、鼻の周りに散らばるように出ます。
・炎症性色素沈着は傷やニキビ跡が茶色く残ったものです。
・老人性ゆうぜい(脂漏性角化症)皮膚の老化が原因で、表面がイボのように盛り上がっています。
シミの種類によっては改善方法も異なり、セルフケアでは治らない場合もあります。なかなか効果が上がらない場合は専門機関を受診するほうがいいかもしれません。

-Uncategorized

Copyright© ロスミンローヤルの口コミは?シミや小じわが消えると話題に , 2017 AllRights Reserved.